作家名から選ぶ

  • ¥ 38,500
  • 画材:アクリルガッシュ、他 本体サイズ: たて32cm×よこ26cm  作品サイズ: たて21.5cm×よこ14.5cm  ※額付です。 繊細かつ大胆なデフォルメと、 レトロな物語性のある世界観を 得意とする濱谷陽介さん。 黄道十二星座を描いたシリーズのうち、 天秤座「バイオリン」をご紹介します。 バイオリンを演奏する少女と、 ギリシャ風の建物。両者が秤に かけられています。ギリシャ風の 建物は、影がかかってきている様にも 見えます。少女が音を奏でることと、 何か関わりがあるのでしょうか? 謎は深まり、そこにこそ不思議な 魅力があります。 1980年 岡山県出身 兵庫大学短期大学部美術デザイン学科卒 現在は山口県で制作中 2016年12月 アートモールにて東京初個展 2017年7月、12月、2018年7月、2019年1月 アートモールにて個展 2020年 ギャラリー枝香庵にて個展 *送料はお買い求め額が税込み ¥50,000未満は¥1,000  それ以上は無料となります。 *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 38,500
  • 画材:アクリルガッシュ、他 本体サイズ: たて32cm×よこ26cm  作品サイズ: たて21.5cm×よこ14.5cm  ※額付です。 繊細かつ大胆なデフォルメと、 レトロな物語性のある世界観を 得意とする濱谷陽介さん。 黄道十二星座を描いたシリーズのうち、 山羊座「角笛」をご紹介します。 銀河の星空の下、白い山羊が描かれています。 白く透明になっている彼の片方の角は、 少女が持つ角笛になっているのでしょうか? 色々な物語が想像できそうな、 絵と対話する醍醐味をお楽しみ いただける一枚です。 濱谷陽祐 Hamaya Yosuke 1980年 岡山県出身 兵庫大学短期大学部美術デザイン学科卒 現在は山口県で制作中 2016年12月 アートモールにて東京初個展 2017年7月、12月、2018年7月、2019年1月 アートモールにて個展 2020年 ギャラリー枝香庵にて個展 *送料はお買い求め額が税込み ¥50,000未満は¥1,000  それ以上は無料となります。 *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 18,000
  • 画材:オイルパステル 作品サイズ:たて25.5cm x よこ31.5cm 重量:850g ※額付、アクリルガラス板付きです。 オイルパステルによるチョークアートの 画家として、情緒あふれる作品を描く 倉片さんの作品。立ち並ぶ街並みと、その間を 流れる小さな川をモチーフにしています。 都会の川沿いに息づく、街の人々の 生活感までもが風情となって描かれています。 どこかで馴染みがありそうなシーンだからこそ、 絵にすると特別な意味を持つ一枚です。 2009 チョークアート作家、栗田貴子氏に師事 2010 日本チョークアート協会ビジネスコース終了 2012 練馬アートカフェMARIMO caf'e65にて個展 2016 人形町かうひい屋にて個展 2016 埼玉県所沢市、ギャラリーウシンにて個展 2017 Art Mall にて個展「倉片友子展」 2018 Art Mall にて個展「夕と夜」 2019 Art Mall にて個展「街」 2020 Art Mall にて個展「日常」 他、グループ展参加多数。 チョークアートの注文制作や、 チョークアート・ワークショップなども 精力的に行っている。 *送料はお買い求め額が税込み ¥50,000未満は¥1,000  それ以上は無料となります。 *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 12,000
  • 画材:水彩画 作品サイズ:たて13cm x よこ13cm (額付) (額サイズ:21.8cm x 21.8cm) 温かくなってきた季節を見据え、冷んやりと 爽やかさ満点の、U-kuさんの作品です。 Surf!!と題されたこの作品は、 大きな波のうねりの中、 ペンギンたちがかわいく サーフィンをしている姿が 描かれています。 U-kuさんの作品で代表的な 色である「青」を基調としている 一品です。ペンギンがちゃんと 手を広げてバランスを取っている 細かい演出が、涼しい「Cool」さと かっこよくおしゃれな「Cool」さを 両立させていると言えます。 水彩画でありながらどこか肩の力を 抜いて、自然体で向き合わせて くれるような、面白い一枚です。 U-ku  (ゆーく) 1989年 兵庫県神戸市生まれ 2012年 神戸女学院大学 英文学科卒業 2016年 銀座 月光荘サロン 月のはなれ      で初個展。 2018年 名古屋 Esplanade gallery にて個展。 2019年 渋谷 ウエマツ画材店にて壁面展示。 2019年 韓国 Art:gwangju19 招待参加。  2019年、2020年 日本橋 Art Mallにて個展。 2021年 銀座 中和ギャラリーにて個展。 その他、グループ展や壁面展示など多数。 *送料はお買い求め額が税込み ¥50,000未満は¥1,000  それ以上は無料となります *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 13,200
  • 画材:水彩画 作品サイズ:たて19.2cm x よこ19.2cm (額付) (額サイズ:21.6cm x 21.6cm) U-kuさんの絵の特徴の一つは、 大きな抽象的な水彩のにじみやぼかしの 美しい色面に、よく見ると 小さく、人物や植物など具体的な キャラクターが配置されている作品が あることです。その時点で、抽象部分は 「色面」であると同時に、奥行きのある 世界の無限の拡がりとなり、まるで登場者 の視点を通して抽象世界を冒険できるような、 想像が膨らんでいきます。 この絵では、二つの輪が浮いているように 見え、どちらにも下弦に青い花が 咲いています。そして、下の輪には コーヒーを飲んで一服しているらしき 女性の姿が描かれています。 水彩画をメインに活動する 作家のU-ku(ゆーく)さん。 海外での幼少期における言語の 違いの体験から、言葉で人に 気持ちを伝えることの難しさを 感じ続けており、その心にあるけど 伝えきれない「何か」を、絵なら 素直に表現できるという思いが、 創作のきっかけとなっています。 「表向きでは笑っていても、 心の中では泣いていて、頑張って 強く振舞っていても、内心 いっぱいいっぱいで。」 そういった、同じ境遇の人に 少しでも寄り添い、絵の前では 素直な自分自身とゆっくり話して もらいたい、という思いで 作家活動を続けているそうです。 U-ku  (ゆーく) 1989年 兵庫県神戸市生まれ 2012年 神戸女学院大学 英文学科卒業 2016年 銀座 月光荘サロン 月のはなれ      で初個展。 2018年 名古屋 Esplanade gallery にて個展。 2019年 渋谷 ウエマツ画材店にて壁面展示。 2019年 韓国 Art:gwangju19 招待参加。 2019年、2020年 日本橋 Art Mallにて個展。 2021年 銀座 中和ギャラリーにて個展。 その他、グループ展や壁面展示など多数。 *送料はお買い求め額が税込み ¥50,000未満は¥1,000  それ以上は無料となります *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 22,000
  • 画材:パネル、アクリルガッシュ、 アキーラ 制作年:2021年 作品サイズ:たて18cm x よこ18cm (S0)(額付) (額サイズ22cm x 22cm) ※撮影時はアクリルガラスを外しています。 絵画作品から立体造形まで、 多角的に横断して制作する sio.さんの、新たな絵画作品を ご紹介します。 たびたび sio.さんの作品に 登場する猫のモチーフですが、 円形に丸まった赤い竜の上に、 二匹の猫が乗っています。 片方は小判でしょうか? そしてもう片方はスマホらしき ものを手に持っています。 この作品の特徴の一つは、 モザイクのように敷きつめられた 金や緑、水色の色ブロックの単位が、 竜の円形に呼応するかのように、 放射状に美しく並んでいる構成です。 ブロックとブロックの間には、 削りを多用しており、その下地には オレンジなどの色が見え隠れします。 日常にいそうなキャラクターとしての 猫が登場していながら、エスニックな 世界観を創造しているsio.さんの 表現は、他ではあまり見られない 独自性を持ちつつ、面白さも兼ね備えて いる点が、魅力の一つと言えそうです。 sio. 2015年 DORADO GALLERY にて個展 2017年、2019年 Art Mall にて個展 2020年 art lab Melt Meri にて個展 その他、都内近郊などでグループ展多数。 *送料はお買い求め額が税込み ¥50,000未満は¥1,000  それ以上は無料となります。 *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 66,000
  • 素材・技法: 鉄の鍛造、溶接  作品サイズ: たて12cm x よこ24cm x 高さ16cm  重量: 640g 今回の作品は、代表的な馬を モチーフにした鉄細工作品の うちの一つです。 立ちながら、頭を下げる馬の様子を 表しています。水を飲むか、草を食んでいる ところでしょうか? この作品は、横から見るのもいいですが、 縦から観ると、より迫力が増します。 特に、馬そのものの静かな動きと対比して、 尾やたてがみの激しく風にたなびく感じは、 この作品も彫刻一つだけでなく、 その周りの風景までも創造している、 とても作り込まれた一品だと言えます。 美しい物を観ること、体感すること による癒しの頂点を、「自然に触れる」 ことだと感じる三井さん。 動物や植物など、あらゆる自然物の 瞬間を切り取り、鉄を叩いて つなげることで鉄に命を吹き込む、 文字通りクリエイターです。 三井亮 1977 生まれ 2001 東京造形大学 彫刻科卒業 2001 山梨にて”鉄刻屋”を立ち上げる 2011 山梨県北杜市「ギャラリー 亜絲花」”森に棲むものたち”個展 2014 南青山「Gallery Storks」 ”Living things in the forest- Plants +Animals"個展 2016 NewYork USA 「Ashok Jain Gallery」“Tokyo ART Show" グループ展 2016 上野「いりや画廊」”いりや KOUBO”入選 2017 銀座「K's Gallery」”Les points et un point 展 ~立体の作家たち~" グループ展 2017 南青山「Gallery Storks」 ”Resonance"小川リエx三井亮x標ルミ  三人展 2019 鶯谷「The Micro museum」 個展 現在 山梨県韮崎市にて創作活動中。 *本作の送料は無料となります。 *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 55,000
  • 素材・技法: 鉄の鍛造、溶接  作品サイズ: たて15cm x よこ20cm x 高さ15cm  重量: 640g 今回の作品は、代表的な馬を モチーフにした鉄細工作品の うちの一つです。 大人しくたたずんでいる馬の様子を 描写しています。すべて鉄で覆うのではなく、 半分以上ボディの隙間を空けることで、 外の空間と中の空間は融和し、 彫刻単体だけでなく、馬が風と一体となって 生きているような、その周りの風景にまで 思いを馳せることが出来ます。 また、尾の表現の柔らかさも秀逸です。 美しい物を観ること、体感すること による癒しの頂点を、「自然に触れる」 ことだと感じる三井さん。 動物や植物など、あらゆる自然物の 瞬間を切り取り、鉄を叩いて つなげることで鉄に命を吹き込む、 文字通りクリエイターです。 三井亮 1977 生まれ 2001 東京造形大学 彫刻科卒業 2001 山梨にて”鉄刻屋”を立ち上げる 2011 山梨県北杜市「ギャラリー 亜絲花」”森に棲むものたち”個展 2014 南青山「Gallery Storks」 ”Living things in the forest- Plants +Animals"個展 2016 NewYork USA 「Ashok Jain Gallery」“Tokyo ART Show" グループ展 2016 上野「入りや画廊」”いりや KOUBO”入選 2017 銀座「K's Gallery」”Les points et un point 展 ~立体の作家たち~" グループ展 2017 南青山「Gallery Storks」 ”Resonance"小川リエx三井亮x標ルミ  三人展 2019 鶯谷「The Micro museum」 個展 ★アートモールにて個展  2021年3月9日~3月14日 現在 山梨県韮崎市にて創作活動中。 *本作の送料は無料となります。 *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 8,800
  • 素材・技法: 鉄の鍛造、溶接  作品サイズ: たて13cm x よこ4cm  重量: 110g    美しい物を観ること、体感すること による癒しの頂点を、「自然に触れる」 ことだと感じる三井さん。 動物や植物など、あらゆる自然物の 瞬間を切り取り、鉄を叩いて つなげることで鉄に命を吹き込む、 文字通りクリエイターです。 この作品では、花が開く動きのちょうど 瞬間を捉えています。そして、花弁と ともに目を引くのが、茎のラインの S字曲線。モノとしては「鉄」でありながら、 目の前にあるものは「植物」だと、 観る側に認識させてしまえる、 作者の力量が伺えます。 それは止まっている命ではなく、 そこから先の動きも想像させてくれる、 四次元性さえも持っています。 水やりの必要のない「永遠の花」、 あなたのデスクの上に置いて、 眺め、楽しんでみてはいかがでしょう? 三井亮 1977 生まれ 2001 東京造形大学 彫刻科卒業 2001 山梨にて”鉄刻屋”を立ち上げる 2011 山梨県北杜市「ギャラリー 亜絲花」”森に棲むものたち”個展 2014 南青山「Gallery Storks」 ”Living things in the forest- Plants +Animals"個展 2016 NewYork USA 「Ashok Jain Gallery」“Tokyo ART Show" グループ展 2016 上野「入りや画廊」”いりや KOUBO”入選 2017 銀座「K's Gallery」”Les points et un point 展 ~立体の作家たち~" グループ展 2017 南青山「Gallery Storks」 ”Resonance"小川リエx三井亮x標ルミ  三人展 現在 山梨県北杜市にて創作活動中。 *送料はお買い求め額が税込み ¥50,000未満は¥1,000  それ以上は無料となります。 *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 35,000
  • 題名:藍の絣(あいのかすり) 画材:パネル、アクリルガッシュ、 アキーラ 制作年:2021年 作品サイズ:たて27.3cm x よこ22cm (F3)(額付) Art Mall のギャラリーではすでに、 個展や常設などでおなじみの sio.さんの、オンラインショップ 初登場作品。 今回のsio. さんの作品では、 オリエンタルな世界観の月夜に、 猫たちを抱きかかえる少女が 描かれています。月の光に 照らされた布や床の、優しい グラデーションは、完全な 写実画以上に、その場の 臨場感や肌触りをこちらに 伝えてきます。 また、技法的な特徴としてこの作品 では、重厚な着彩の上から削りによる 描線での表現をお使いになっています。 そしてそこから見える、壁の 装飾でのオレンジや金色、 また床の石畳の感触の表現は 見事です。 近づいて観ても発見があり、遠目で観ても その四角い枠の中の幻想的な世界に、 思わず心安らぐ、そんな温かい一枚です。 sio. 2015年 DORADO GALLERY にて個展 2017年、2019年 Art Mall にて個展 2020年 art lab Melt Meri にて個展 その他、都内近郊などでグループ展多数。 *送料はお買い求め額が税込み ¥50,000未満は¥1,000  それ以上は無料となります。 *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 178,750
  • 画材:キャンバス、アクリル、 オイルパステル、色鉛筆、 顔料ペン、ポスカ 作品サイズ:たて65.2cm x よこ80.3cm (F25) 2002年頃から、友人にほめられたことが きっかけで絵を描き始める。 その後、吉祥寺の井之頭公園で 初めてポストカードを販売。 現在はオオシマファインアート、 伊勢丹立川店ほか幅広く活躍中。

  • ¥ 33,000 SOLD OUT
  • 画材:キャンバス、アクリル、パステル 作品サイズ: たて19cm x よこ27.3cm (P3) 天使をかたどったモチーフを、 絵の語り手としてたびたび扱ってきた Kaoさん。 今年2021年1月の最新の個展では、 これまでの脚が尾のように 飛びながらたなびいている 描き方から変化して、 脚そのものをちゃんと 描いたり、地に足の着いた 安定したキャラクターを 描くようになりました。 ご本人の心境の変化もあったそうです。 この作品「光の中へ」では、 二人の羽の生えた人物が 中心です。パステルの インディゴブルーと ピーコックグリーンを 混色した深い色の身体から、 ずっしりした安定感が もたらされています。 そして今回の個展の中でも 数少ない、アクリル絵具を 細かく散りばめた、光の表現。 暗がりの中で光が降ってきて、 その中へ入っていく様な感覚の、 この作品は、この個展でDMの メインビジュアルとなった、 今回の代表作と言えます。 Kao 茨城県出身 2005年 絵本「マーガレットブーツ」出版 2010年 絵本「黒鳥のコック長」出版 2013年 ギャラリー澄光にて初個展 2013年 喫茶店詩穂音にて個展 2014年 ギャラリーart Truth にて個展 2014年 中和ギャラリーにて個展 2017年~2021年 Art Mall にて個展 他、CDジャケット制作やグループ展など多数。 *送料はお買い求め額が税込み ¥50,000未満は¥1,000  それ以上は無料となります。 *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 36,300
  • 画材:アルシュ紙にインク、水彩 作品サイズ: たて26cm x よこ36cm 重量:1040g  ※額付、アクリル板付です。 2020年1月に最新の個展を行った 画家のKaoさん。ドローイングの 制作スタイルを前面に出し、圧巻 のラインアップを発表して下さいました。 そこでも目を引いた「星のたね」シリーズ のうち、「星のたね 花ひらく」を今回は 取り上げたいと思います。 様々な、思わず微笑みたくなるような キャラクターたちが一堂に会した この作品。鳥もいれば魚もいます。 カニや豚もいれば、宇宙人や天使もいて、 植物も独特のリズム感を放っています。 それらは、それぞれのぐにゃっとした、 与えられた世界の枠組みの中で、彼ら 一つ一つだからこそ発せる、独自の色彩を 放っていて、それらが隣り合う世界で 干渉し合い、響き合いながら、一つの 大きな宇宙を作っています。そんな、 生命讃歌の素晴らしさが、この絵には 表れているのではないでしょうか。 「愛・平和・調和」をメインテーマとする Kaoさん。この絵に登場するキャラクター たちのように、お互いが愛にあふれ、 平和と調和を働きかけ合いながら生きること ができれば。その願いを伸びやかに描き続ける、 Kaoさんの力作です。 Kao 茨城県出身 2005年 絵本「マーガレットブーツ」出版 2010年 絵本「黒鳥のコック長」出版 2013年 ギャラリー澄光にて初個展 2013年 喫茶店詩穂音にて個展 2014年 ギャラリーart Truth にて個展 2014年 中和ギャラリーにて個展 2017年~2020年 Art Mall にて個展 他、CDジャケット制作やグループ展など多数。 *送料はお買い求め額が税込み ¥50,000未満は¥1,000  それ以上は無料となります。 *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 18,700 SOLD OUT
  • 画材:紙にインク、水彩 作品サイズ: たて28cm x よこ34cm (原画・B5) 重量:710g  ※八切り額入り、アクリル板付です。 Kaoさんの、「星のたね」シリーズ からの作品です。ディテールを見ると、 ありとあらゆる、世界で生きている ものたちの姿が、ときにはかわいく、 ユーモラスに、またおごそかに描かれ、 それらがひとまとまりの大きな うねりとなって、絵として結実して います。 そこからは、生命讃歌のようなものが 伝わり、この広い宇宙の中で、 私たちは一人ずつだけど独りじゃない、 そう思い起こさせてくれる 素敵な作品です。 この作品のタイトル「目醒め」は、 一体何を物語っているのか? ぜひ皆様の目で、思いを巡らせて、 絵の中でひととき遊んでみては いかがでしょう。 Kao 茨城県出身 2005年 絵本「マーガレットブーツ」出版 2010年 絵本「黒鳥のコック長」出版 2013年 ギャラリー澄光にて初個展 2013年 喫茶店詩穂音にて個展 2014年 ギャラリーart Truth にて個展 2014年 中和ギャラリーにて個展 2017年~2020年 Art Mall にて個展 他、CDジャケット制作やグループ展など多数。 *送料はお買い求め額が税込み ¥50,000未満は¥1,000  それ以上は無料となります。 *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 7,700
  • 素材:陶器、ワイヤー、プッシュピン、 その他パーツ 作品サイズ:たて 4cm x よこ 12cm x 奥行 8.5cm 重量:160g 陶器で作られた独創的なオブジェ、 「ちびロボ・プルポ」シリーズの 仲間の一体で、ドーナツ型の チビロボ(B) の、オレンジ色 バージョンになります。 脚は3本で、腕は2本、背面には 水中を進む為のような、二基の プロペラがあります。 腕は縦に回転して動かすことができ、 ジェスチャーをシーンに合わせて 作れます。 色は、ドーナツ型の上半分が オレンジに塗装され、下半分は 地の色で見せています。 ドーナツの上に散りばめた プッシュピンは、色とりどりの きれいな色をしていて、 これまでのチビロボの中でも、 まるでスイーツ屋さんにありそうな 外観をしています。 ロボでありながらスイーツみたいという その斬新でチャーミングなデザインは、 お部屋に置いたら、観る人の 肩の力を抜いて、和ませてくれそうです。 作者の岡野さんは、ハギワラヨシカズさんと 共同ユニット「Team Pulpo」を組み、 「プルポ」を主人公としたチビロボたちが 冒険する設定のオブジェを次々と形にして 世に送り出しています。 以下リンクに、チビロボたちのお話の 設定情報などが載っています。 http://www.okano349.sakura.ne.jp/teampulpo/teampulpo.html 岡野慶子 埼玉県草加市生まれ 東洋美術学校卒業 <個展> 2002年 「きっと ここで 出会える」      埼玉県川口市・燦ギャラリー 2003年 「猫、うらら」高円寺・猫の額 2004年 「猫は町を歩く」高円寺・猫の額      「もう一つの散歩日和」      埼玉県川口市喫茶店・      カフェ・ド・アクタ 2006年 「かえるくんちてん」      埼玉県越谷市・木土水 2009年 「breath- 蝶の呼吸」東中野・ビタミンTee 2011年 「猫は町にあふれている」      銀座・伊東屋8Fミニギャラリー 2012年 「春風」十条・自家焙煎珈琲 梅の木      「海の物語」十条・自家焙煎珈琲 梅の木 2013年 「友達へ」国分寺・くるみギャラリー 2014年 「岡野慶子個展」西新井・手づくり よいな      「岡野慶子個展・いつか見た夢」      銀座レストラン・アインソフ 2015年 「ダイバーの見た夢」      カフェ&ギャラリー・ジャローナ 2018年 「ちびろぼ・プルポ展 Team Pulpo」      日本橋 Art Mall     「眠れる森の美女計画 陶器展」      錆猫ギャラリー吉祥寺 2019年 「BORDERLESS」      耕仁(キョンイン)美術館 ソウル      「俺のロボ展 レトロフューチャー展」      東急ハンズ渋谷店 2020年 「ちびロボクヴァレと仔馬のポーラ展」       日本橋 Art Mall <賞歴> 2003年 絵本「君のかたち」入選 2005年 絵本「かえるくんと星のおはなし」入選        手作り絵本・さわる絵本        研究グループ連絡会 主催        サンパル神戸市都市整備公社 後援 他、グループ展、仕事歴多数。 *送料はお買い求め額が税込み ¥50,000未満は¥1,000  それ以上は無料となります。 *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 13,000 SOLD OUT
  • 画材:オイルパステル 作品サイズ:たて22cm x よこ27.5cm 重量:620g ※額付、アクリルガラス板付きです。 オイルパステルを用いる チョークアート作家として 活躍中の倉片友子さん。 今回の作品は、屋形船が 遊覧する「隅田川」の夜を、 風情あふれるタッチで 描いています。 丁度列車が通過する刻を捉えた この構図、隅田川の水面に 反射する都会の光は、 実際にその場で揺らめいている かのようです。 深い川の紺に温かみを与える、 人工の光がもたらす色彩の重なり。 下町の風が吹き抜けていくような、 現代の江戸を伝える、情緒ある 一枚です。 倉片友子 2009 チョークアート作家、栗田貴子氏に師事 2010 日本チョークアート協会ビジネスコース終了 2012 練馬アートカフェMARIMO caf'e65にて個展 2016 人形町かうひい屋にて個展 2016 埼玉県所沢市、ギャラリーウシンにて個展 2017 Art Mall にて個展「倉片友子展」 2018 Art Mall にて個展「夕と夜」 2019 Art Mall にて個展「街」 2020 Art Mall にて個展「日常」 他、グループ展参加多数。 チョークアートの注文制作や、 チョークアート・ワークショップなども 精力的に行っている。 *送料はお買い求め額が税込み ¥50,000未満は¥1,000  それ以上は無料となります。 *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 38,500
  • 画材: 和紙、アクリル絵具、ほか  本体サイズ: 17cm×17cm  作品サイズ: 9cm×9cm  重さ: 410g  ※額付です。   手漉き和紙による彩色コラージュを 特徴とする浜田さんの作品。 様々な質感を施した和紙をアクリル絵具で 何層にも重ねて塗ることで、パーツを作り、 コラージュして1つの画面に組み立てています。 今回ご紹介する作品は、このシリーズの なかでも特に個性的な、明るい色の和紙を 中央に配置したものです。 これまでは青と緑の色面が全体を 覆っている作品をご紹介してきました。 今回はその明るい白系のコラージュ部分が 中央に一定面積来ることで、そのかすれ 具合も手助けして、人の手を介在した 自然により近づいているような、 味のある存在感を放っています。 浜田澄子 HAMADA Sumiko 1981年 創形美術学校造形研究科卒業 個展:中和ギャラリー、DOKA Contemporary Arts、ほか多数 受賞: 1993年 松涛美術館公募展・美術館賞、 1996年 神奈川県美術展・特選賞、 2011年 全国和紙画展アート部門金賞、 2013年 上野の森美術館大賞展入選・賞候補 ほか、数多くのコンクールで入賞実績あり。 所蔵:清隆寺 (北海道根室市) 青山道場 (東京都港区) 赤塚建設 (三重県)ほか *送料はお買い求め額が税込み ¥50,000未満は¥1,000  それ以上は無料となります *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 16,500 SOLD OUT
  • 画材: 和紙、アクリル絵具、ほか  本体サイズ: 12cm×12cm  作品サイズ: 6cm×6cm  重さ: 210g  ※額付です。   手漉き和紙による彩色コラージュを 特徴とする浜田さんの作品。 様々な質感を施した和紙をアクリル絵具で 何層にも重ねて塗ることで、パーツを作り、 コラージュして1つの画面に組み立てています。 今回ご紹介する作品は、これまでの 青と緑をベースにした色とは 打って変わって、赤とオレンジを 基調にしています。蛍光色も交え、 和紙の繊維に絵具が染み込む跡が美しいです。 中央やや下で水平に二分された その色面からは、大画面の抽象画にも 負けないエネルギーと、スタイリッシュさが 放たれており、お手元にコレクション されるなら、きっとインテリアとしても オシャレな一品になるでしょう。 浜田澄子 HAMADA Sumiko 1981年 創形美術学校造形研究科卒業 個展:中和ギャラリー、DOKA Contemporary Arts、ほか多数 受賞: 1993年 松涛美術館公募展・美術館賞、 1996年 神奈川県美術展・特選賞、 2011年 全国和紙画展アート部門金賞、 2013年 上野の森美術館大賞展入選・賞候補 ほか、数多くのコンクールで入賞実績あり。 所蔵:清隆寺 (北海道根室市) 青山道場 (東京都港区) 赤塚建設 (三重県)ほか *送料はお買い求め額が税込み ¥50,000未満は¥1,000  それ以上は無料となります *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 38,500
  • 画材: 油彩 作品サイズ: 直径23cm、厚さ2cm (丸キャンバス) 重量:360g  ※額無しです。   丸キャンバスに自由なタッチで 油彩を描く、中村さんの「春のごちそう」 シリーズ。その中でも特に、この 「マッシュルーム」は、ひときわ ポップでウキウキさせてくれるような印象を 与えてくれる作品です。 その理由はまず、油彩の色面を 版画の版のように分けて塗り、 白い地を残して、キノコなどの要素の かたちを版画の版ズレの様にわざと ずらして塗っている点です。レトロさと 手作り感が表され、要素にもにぎやかな 動きが出てきます。 そして何より、色彩がピンクや黄色を 基調としてとても明るく、壁にかけた時 お部屋の雰囲気を明るくするのに ピッタリです。 丸い作品というのはなかなか珍しく、 お家の壁に洒落た変化を付けるのに、 他の四角い額とは一味違った、 ユニークなピースとなるでしょう。 【中村眞弥子】 1976 東京都八王子市に生まれる 1999 上智大学 比較文化学部美術史専攻卒業 2009 武蔵野美術大学造形学部通信教育課程  油画学科絵画コース卒業 2010 ギャラリー・アート・ポイント  New Year Selection 2010 大賞 2010 HB Gallery Artist File 鈴木 成一特別賞 2011,2013 八王子市夢美エンナーレ 奨励賞 2015 AIH パークホテル東京選出 個展、グループ展、アートフェア・ フェスティバル多数にて発表。 また装画などのイラストレーションの仕事や、 ワークショップ、出身地八王子に根差した アーティスト活動など多方面で活躍中。 *送料はお買い求め額が税込み ¥50,000未満は¥1,000  それ以上は無料となります。 *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 38,500
  • 画材:油彩 作品サイズ:直径23cm、厚さ2cm (丸キャンバス) 重量360g ※額無しです。 丸キャンバスに自由なタッチで 油彩を描く、中村さんの 「春のごちそう」シリーズ。 今日ご紹介するこの「お酒」は、 銀箔なども交えたグレー、青、白 を基調にした背景に囲まれて、 お酒のとっくりと盃二つが描かれています。 絵の枠組みは、圧倒的に四角形が 多いものですが、人間の視覚・視界は本来、円、 あるいは楕円状にぼんやりと広がっています。 丸キャンバスで描かれたこの作品は、 このしんみりとした情景を人の視点のままに のぞきこんで、絵の世界に入り込んでいける ような、不思議な温かさにあふれています。 観れば観るほど味わい深く、心持を受け止めて くれる静かな晩酌の友のような、そんな作品と 言えそうです。 【中村眞弥子】 1976 東京都八王子市に生まれる 1999 上智大学 比較文化学部美術史専攻卒業 2009 武蔵野美術大学造形学部通信教育課程  油画学科絵画コース卒業 2010 ギャラリー・アート・ポイント  New Year Selection 2010 大賞 2010 HB Gallery Artist File 鈴木 成一特別賞 2011,2013 八王子市夢美エンナーレ 奨励賞 2015 AIH パークホテル東京選出 個展、グループ展、アートフェア・ フェスティバル多数にて発表。 また装画などのイラストレーションの仕事や、 ワークショップ、出身地八王子に根差した アーティスト活動など多方面で活躍中。 *送料はお買い求め額が税込み ¥50,000未満は¥1,000  それ以上は無料となります。 *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 38,500
  • 画材:油彩 作品サイズ:直径23cm、厚さ2cm (丸キャンバス) 重量360g ※額無しです。 丸キャンバスに自由なタッチで 油彩を描く、中村さんの「春のごちそう」 シリーズ。その中でも、絵の画面としての インパクトが印象的なのが、 この「だんご」です。 マティスの絵を彷彿とさせる、 鮮やかな背景の色面分布。 特に、何種類も複雑に色を重ねた 赤と、白のまま残した部分の抜け感 の対比は、お互いの相乗効果が 画面をより一層明るいものにしています。 それでいて、題名になっている 主役の「だんご」の、控えめな姿。 こちらはハーフトーンで、繊細に 描かれています。 この絵には、丸がたくさん登場します。 果たして何個あるのか、ぜひ数えてみてください。 それらと、キャンバスの円が呼応しているのも 分かります。 中村さんによる、大胆さと繊細さの見事な 乗りこなし方の調和が、この作品の訴求力の 強さに繋がっているのではないでしょうか。 【中村眞弥子】 1976 東京都八王子市に生まれる 1999 上智大学 比較文化学部美術史専攻卒業 2009 武蔵野美術大学造形学部通信教育課程  油画学科絵画コース卒業 2010 ギャラリー・アート・ポイント  New Year Selection 2010 大賞 2010 HB Gallery Artist File 鈴木 成一特別賞 2011,2013 八王子市夢美エンナーレ 奨励賞 2015 AIH パークホテル東京選出 個展、グループ展、アートフェア・ フェスティバル多数にて発表。 また装画などのイラストレーションの仕事や、 ワークショップ、出身地八王子に根差した アーティスト活動など多方面で活躍中。 *送料はお買い求め額が税込み ¥50,000未満は¥1,000  それ以上は無料となります。 *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 13,000
  • 画材: オイルパステル 作品サイズ: たて28.5cm x よこ23.2cm  重量: 680g  ※額付、アクリルガラス板付です。 オイルパステルを用いる、 チョークアート作家として 活躍中の倉片友子さん。 その作品の特徴の一つが、 大自然や街中の光が刻々と 移り変わる瞬間を捉えた、 抒情感あふれる陰影です。 今回の作品「中華街」は、特に 完成度が高いものの一つです。 この作品は、横浜中華街の 関帝廟道、地久門を描いています。 門の上部の空がまだ青いのに対して、 門の中から下の空は夕暮れとなっている コントラストは、ルネ・マグリットの 名作「光の帝国」を彷彿とさせ、 ドラマチックな効果を生んでいます。 また、倉片さんの得意とする 街中の電線の表現も、遠景で 味のある感じで使われています。 遠くのお店の、灯りの生き生きとした タッチも絶妙です。 眺めていると、絵の中に心を遊ばせ、 横浜の夕暮れ散歩を楽しみたくなる、 そんな一枚です。 倉片友子 2009 チョークアート作家、栗田貴子氏に師事。 2010 日本チョークアート協会ビジネスコース終了。 2012 練馬アートカフェMARIMO caf'e65にて個展。 2016 人形町かうひい屋にて個展。 2016 埼玉県所沢市、ギャラリーウシンにて個展。 2017 Art Mall にて個展「倉片友子展」。 2018 Art Mall にて個展「夕と夜」 。 2019 Art Mall にて個展「街」。 他、グループ展参加多数。 チョークアートの注文制作や、 チョークアート・ワークショップなども 精力的に行っている。 *送料はお買い求め額が税込み ¥50,000未満は¥1,000  それ以上は無料となります。 *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 14,300 SOLD OUT
  • 画材: オイルパステル 作品サイズ: たて27cm x よこ21.5cm  重量: 560g  ※額付、アクリルガラス板付です。 オイルパステルを用いる チョークアート作家として 活躍中の倉片友子さん。 今回の作品には、都会の下町らしき 風景の中を闊歩する、一匹の 黄色い猫が登場します。 都会は一見コンクリートジャングル のようで、住宅街に入ると案外、 本当のジャングルのように、 観葉植物や公園の植物が 生い茂っていたりします。 その中で、野生を取り戻して いるかのように、堂々として歩く、 猫の小さく温かい描かれ方。 さらに、これまでご紹介してきた 倉片作品には、劇的な陰影が 多かったのですが、この曇り模様 のような、微妙な気候の移ろいまで 表せるのも、倉片さんの特徴です。 ごく当たり前にある日本の住宅街の、 湿り気のある曇った風景。 しかしそれを絵にした途端、 画面の世界に、非日常とはまた 違う、日常の延長という、 地続きの親近感が備わります。 壁にかけて部屋の雰囲気をオシャレに するもよし。小イーゼルの上に立てて 机の上に飾るもよし。 きっと、あなたの気持ちの立ち返る 場所になってくれるような、そんな 静かな一枚です。 倉片友子 2009 チョークアート作家、栗田貴子氏に師事。 2010 日本チョークアート協会ビジネスコース終了。 2012 練馬アートカフェMARIMO caf'e65にて個展。 2016 人形町かうひい屋にて個展。 2016 埼玉県所沢市、ギャラリーウシンにて個展。 2017 Art Mall にて個展「倉片友子展」。 2018 Art Mall にて個展「夕と夜」 。 2019 Art Mall にて個展「街」。 他、グループ展参加多数。 チョークアートの注文制作や、 チョークアート・ワークショップなども 精力的に行っている。 *送料はお買い求め額が税込み ¥50,000未満は¥1,000  それ以上は無料となります。 *ご注文より約1週間以内の発送となります。 *実物をご覧になってみたい方は、日本橋室町の  Art Mall(アートモール)にてご覧いただけます  ので、お問合せください。

  • ¥ 14,850 SOLD OUT
  • 画材:木にアクリル 作品サイズ:たて9cm x よこ 19.5cm *額無しです。 NORIさんとKIYOCAさんによる ユニット「HUIT」さん作の 木彫り彩色作品のうち、 「街」をテーマにしたものを ご紹介します。 NORIさんが下絵を描き、 KIYOCAさんが主に彫りを担当、 お二人でそこにアクリル絵具で彩色を行い、 版木のキャラクターに直接色を 載せた一点ものの作品を制作しています。 そこに描かれるキャラクターは、 人物、動物、風景など、かわいくて どこかユーモラスな味わいがあります。 版画で本来作品の元となる版木自体を、 着色して独立した作品にしており、 そのほっこりする画題と、木の持つ 温かみが、いい相乗効果を生み出しています。